アーユルヴェーダとは vol.1

 

アーユルヴェーダとは自分自身を知ることによって体と心に良いこととは 何か?という心身ともに健やかに幸せに生きることを目指す健康法の一つです。
 つまり「病気にならない健康な身体作り」を基本としてアンチエイジングや美しさを保つ秘訣ともつながってきます

 

仏教よりも古く5000年以上の歴史を持つ世界最古のインド、スリランカの伝統医学でサンスクリット語でAyur(生命、寿命、正気)、Veda(科学、知識、哲学)から来ており、幸せに生きるための教え ”生命の科学”  という実践的な生活健康法とし長年に渡り研究され体系的な理論に基づき発展しながら受け継がれています。西洋医学のように現時点の病気の症状に合わせた薬を処方される対処療法は症状を抑え効果がすぐに出るので緊急の場合などは利便性もありますが根本的な症状を引き起こす原因を治すことは出来ません。アーユルヴェーダなどの東洋医学は目に見えないひとりひとりの健康状態、精神状態、食生活、生活習慣などから掘り下げて”未病”の段階からその人”全体をケアしていく予防医学の側面を大切にしています。 常に健康的で、長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です。体の変化や少しの兆候に気づき、症状が深刻になって病気が出る前に見つけることで体への負担が少なくなって来ます。また予防医学の観点から毒素排出効果(デトックス)と若返り効果に優れたケアの方法を持ち合わせ食事のあり方(医食同源)や日々の習慣といったライフスタイルに関わるものから生命そのものまでを科学する奥深い医学です。

アーユルヴェーダは個人を含めた宇宙全体をも含めて生命を包括的に見る科学です。つまりは ”宇宙の法則、自然の法則を知ること”でもあります。

エネルギー論

川に例えると色々な川が交わって一つの大きな川になっている
Body (身体)、Mind (心)、Spirit (soul) この3つのバランスが大事で常に調和されている状態であることがベースとなっています。まずは自分自身がうまく調和して自分自身の本質的なレベルを上げていくことによって思考もクリアになり色々なことに気づきが出てくる。そのためには柔軟性や適応性が必要でそれに応じて生きていく必要もある

人間は自然とかけ離れた存在絵はなく、自然と調和して生きる事がより健やかな状態でやい説だと考えている

(大宇宙の中の小宇宙)

未病の状態を引き起こさないようにどのように過ごせばいいのか??健康状態の責任は自分にあり、そのあり方を見ていく必要があります

アーユルヴェーダは医学の原点

初めて帝王切開したのもアーユルヴェーダの外科だといわれ そこから西洋医学へ発展したともいわれています。日本ではまだアーユルヴェーダが医学としては認められていないので美容やリラクゼーションを目的としたサロンが中心ですがインドでは一般的にアーユルヴェーダの病院が沢山あり、人々の日常生活に幅広く浸透しているようです。

そしてこの8つの部門から成り立っています
*内科
*外科
*小児科
*耳鼻咽喉科、眼科(鎖骨より上部)
*精神科
*毒物科
*不老長寿科
*強精科

 

これらのジャンルがあり、長年に渡り今もなお研究され続け発展し体系的に基づいています。自然界の植物、鉱物などで作られた薬や薬草オイルによるマッサージなどなど使用したり、ヒルに悪い血を吸わせる、そしてヨガや呼吸法、食事療法など体質にあった様々な治療法で1か月滞在しながら体に溜まった毒素を排出させるパンチャカルマと呼ばれる浄化療法という治療もあります。

ヨガもアーユルヴェーダの姉妹化学ともいわれ、源は同じです

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Holistic flow

We live in the Earth.