アーユルヴェーダ自然界の5つのエネルギーとドーシャ

アーユルヴェーダでは人や季節など様々なものは ヴァータ ピッタ カパ の3つの性質によって構成されていると考えます。 その性質を探っていきます

 

 

 

パンチャマハブータ (五大元素)

アーユルヴェーダでは自然のエネルギーに基づいた考えで身体が構成されているといわれ理論では、
パンチャマハブータ 宇宙を構成する五大元素(空 風 火 水 地)
に置き換えられています
元素とは物質や肉体などの目に見えるものから電波やエネルギーなどの目に見えないものなど、宇宙を構成する要素の事でその5つの元素は互いに影響しあってそのバランスは常に変化しています
空間があり(空)そこに音などの動性、バイブレーション、流れが加わり(風)になります。そこに摩擦が生まれ熱を持ち(火)が生まれます。そして温度差で湿度が出来て(水)が生まれそれが溜まって固まり地となります
 身体の中にも,,
(空)は口の中、胃腸などお腹の中などのスペース。
(風)は筋肉、心臓、神経毛の動き、血管など流れるもの
(火)は消化力、代謝、酵素の働き
(水)はリンパ液、血液、唾液などの全ての体液
(地)は肉、骨、筋肉、歯など固体の組織
など一つ一つをとっても五大元素に構成されています

5つの性質

空間、音、エーテル体、宇宙 聴覚(耳)、話す バランスが良いとポジティブ、崩れるとネガティブ
動き、軽い、ガス 触覚(皮膚)掴む、 気持ちの切り替え
熱、気体、変換、色 視覚(目)代謝、体温の維持 物事を理解する力
液体、結合力、保つ、滑らか 味覚(舌)排泄(破水) 人の体の中、流れてる状態
個体、重い、安定感 嗅覚(鼻)骨、筋肉 土台になる部分、ミネラル、カルシウム

 

 「空」は、スペースを象徴する元素であり、他の4つの元素とは異なった性質をもっています。4つのエネルギーのバランスが整い、空っぽの器のような無限の可能性があるというイメージを持つといいでしょう。この元素があらわれることで、さまざまなものを受け入れられる多様性、心にゆとりのある状態になります。

「風」の元素は動きを生み出す力を作ります。「風」の元素の力によって私たちは呼吸し、血液を循環させて心臓を動かすことが可能になります。風の元素が増えると、行動力が高まり、好奇心も豊かになりますが、バランスを失うと集中力が失われ、一つのことに没頭できず移り気な性質が強くでてしまいます。

「火」は変換の力を持った元素です。固まったキャンドルを火で熱すると蝋は溶けて液体に変化し、水を火にかけると水蒸気(気体)へと変化します。私たちの体内での分泌や消化は「火」の元素によって運営されています。心における「火」の要素は情熱や積極性としてあらわれます。バランスを崩してしまうと起こりっぽくなったり嫉妬する心が強く出てきます。

「水」は流動性をもつ変化の力をもつ元素です。私たちの体は70%が水分ですが、それらは「水」の元素に関連する血液やリンパ液などで構成されています。体を流れる体液は「水」の影響を受けています。心における「水」の要素は順応性と固執のないしなやかさとしてあらわれますが、バランスが悪くなると、依存心が強くなる傾向があります。

「地」はすべての土台となる元素であり、安定して変化しにくいという性質があります。私たちの体では骨格や筋肉が「地」に関連しています。心における「地」の要素は安定感と精神力としてあらわれています。骨格がしっかりして体が大きく、どっしりとした人は安定感があり、物事の影響を強く受けない印象があります。安定感を持つことは非常に大切ですが、この要素が強くなり過ぎると頑固さ、動きの鈍さがあらわれるという弱点があります。

 

(量子力学では全ての物質は素粒子の集合体であるといわれています。 全ての目に見えるものは素粒子の集まりであり、見えない素粒子の集合体が目に見える物質を構成しています。 その素粒子を量子力学では”波動”と捉えているようです”波動”とは一つの場所に留まる事なくダイナミックに流れ動く性質を持っています。その波動が動き、伝わり、他から発せられる波動と影響しあいながら常に変化を続けます。またそれは似た波動と共鳴する特性がありそのことから似た者同士が集まったり、引き寄せの法則という宇宙の法則に関係していきます)

 

私たちの体を構成するトリドーシャとは

五大元素をベースに体の特徴や感情から個人の体質を決定づける性質を3つのドーシャ ヴァータ、ピッタ、カパに導き出されます。
トリは3、ドーシャとは「不純なもの」「増えやすいもの」「病素」という意味があり、私たちの体に起こる様々な現象や体調の変化に関係しています。

ヴァータ(空、風)・ピッタ(火、水)・カパ(水、地)」3つのエネルギー

3つのバランスは一人一人異なり、その違いが個性です。 3つのドーシャはバランスが取れている状態がベストですがそのバランスの調和が乱れると体調不良や病気を引き起こします。
本来の私たちの体質は受精された時に決まり生まれ持った自分が持っている体質をプラクルティ、 季節による体調の変化や、心身の状態、日々の時間帯や生活環境や年齢などにも影響され変化していく体質をビクリティといいます。 ドーシャは体の中で全ての働きと対応し人間の心身の構成要素としてだけでなく季節や時間などの宇宙の法則にも対応し相互関係の中でバランスに変化を生じさせます。つまり1日を通して朝、夕方、夜寝る前などの時間帯や年間を通して肌の質、体温や消化力、思考などの性質が様々に変動するという理論がベースになっています。
性格や見た目が違うのと同じで、ひとりひとり異なった性質を持ち合わせています。自分のドーシャの状態に気づかないままどれかのドーシャが過剰になりすぎてしまうと、 体調を崩してしまいます。過剰になりすぎたドーシャを鎮め、崩れたバランスを取り戻そうというのがアーユルヴェーダの考え方です。

ドーシャごとの性質や体質

自分自身のプラクルティを理解しておくのはとても重要です。 自分の体質を自覚していると自分自身に対して意識が深まり体や精神の傾向、どうしたらバランスを取り戻せるか、また欠けてしまうかなど精通するようになります。 食生活や生活様式のほんの少しの調整によって自分を乱すものを予期したり防いだり最小限に抑えたりする事ができるようになり、自分の生き方に主体的になります。

 

似たものが似たものを増やす

異なるものが異なるものを減らす

 

 

ドーシャ
体質 性質 バランスが乱れると、、
Vata ヴァータ 細身、華奢、痩せ型、乾燥肌、冷え性、髪の毛は乾燥気味、体力はない方 フットワーク軽く行動的、自由人、天真爛漫、想像力豊か社交的、おしゃべり 乾燥、不安症、慢性疲労、ソワソワする、眠りが浅い、便秘、生理痛、疲労時ピクピクする
Pitta ピッタ 中肉中背、筋肉が程よくある、肌はやや脂性、暑がりで汗かっき、くせ毛、体力は中程度 知性的なリーダータイプ、目的を持って行動できる頑張り屋、正義感強い、情熱的、努力家、チャレンジ精神旺盛、理論的に話す 怒りっぽくなる、攻撃的、批判的、ニキビ・吹き出物、軟便、消化器系疾患、口臭・体臭、若白髪、皮膚が痒くなる
Kapha カパ 体格がよくグラマー、関節がしっかり、太りやすい、肌はきめ細かく色白もち肌、滑らかな毛質、体力がありタフ 心が安定、穏やか、常に落ち着いている、愛情深い、癒し系、辛抱強いコツコツ型、ゆったりと話す 身体が重くやる気が出ない、ネガティブ、内向的、頑固、執着心、鼻炎、便秘

これらのドーシャは体質だけでなく、季節や1日の時間帯などにもあてはまり、常に変動しています。

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Holistic flow

We live in the Earth.